HOME胃カメラ(径鼻内視鏡)

微細の内視鏡で検査が楽になりました。


鼻から極細径のスコープを入れて行う胃カメラ検査のことです。
胃カメラの最中に「オエッ」となることがありますが、
これは舌の付け根の舌根という部分にスコープが触れることでおこる咽頭反射が原因です。

経鼻内視鏡では鼻から挿入したスコープは鼻腔を通って食道に入っていきます。
スコープ が舌根に触れることがないので咽頭反射はほとんどありません。
そのため吐き気をほとんど感じることなく検査を受けられます

従って、経鼻内視鏡では、以前胃カメラがつらかった方や、
胃が心配だけど胃カメラは苦しくてイヤだという方にも、
苦痛なく検査を受けていただくことが可能となりました。

径鼻内視鏡検査の特徴


1、検査前に鼻腔の麻酔を行いますので、鼻の痛みはほとんどありません

2、スコープが舌根部を圧迫しないので、のどを通過する時の”オエッ”となる反射が
  非常に少なく楽に検査が受けられます。

3、検査中に会話ができますのでモニターを見ながら質問ができるなど安全で納得のいく
  検査が可能です。

当クリニックでは、内視鏡ガイドラインに基づいた世界水準レベルでの内視鏡洗浄器により、
感染防止に努めております。安心して検査をお受けください。

このページのトップへ